People Trees 合同会社

TOP > INTERVIEW > 株式会社福田鉄工

interview

interview
福田 稔也氏
Toshiya Fukuda
代表取締役
株式会社福田鉄工

─福田社長がプロジェクト開始時に持たれていた想いや課題感はどのようなものですか?

 もともと誰かにお願いしたいと思っていた訳ではありませんでした。ただ、人の評価や給与の支払いについては、創業時から自分自身の感覚だけでやってきたので、そろそろきちっとした形でやっていきたい、ルール作りが必要だと思っていました。自分の頭の中にあるものや想いはそれだけでは後継者に伝わらない。きちんと形やルールとして残すことで引き継げるものにしたいと考えるようになりました。
 また、「会社の方向性は社長しかわからない」という組織ではなく、社員に対して頑張る目標をきちんと提示して、成長していきたいと考えていました。何回か提案をしてもらう中で価値観に基づいて制度の設計をしていくということが、「今後絶対に必要だ」と確信できたことが、決め手になりました。

─People Treesの印象や特徴、お役に立てている部分はどんなところでしょうか?

 世間一般での考え方、事例について教えて貰いながら考えられるということだと思っています。報酬の水準、考え方など、私は他の企業で働いた経験がないので自社のこと以外はわかりません。他社の人と情報交換をしても、良いことしか言ってもらえず本当に聞きたいことは聞けないので、とても助かっています。
 従業員全員のインタビューをしてもらう中で、これまで日々感じていたことが浮き彫りになってきました。人数が増えて直接自分が思っていることを伝えられる時間も限られてきているので、直接声を聞けたのは良かったと思います。従業員の“やる気”を大事にしていこうという会社なので、それを“仕組み”に落とすということができました。
 また、今後の会社の成長を考える中で、管理職の育成という課題も見えてきました。ここについては、自分自身の役割でもあると思うので、今回作った人事制度やスキルマップを活用しながら、少しずつ時間をかけて育てていきたいと思います。

INTERVIEW

People Trees ロゴ

CONTACT

事業に関するお問い合わせ、その他ご質問やご相談等がございましたら、お問い合わせフォームにご記入頂き、送信してください。